INTRODUCTION

Akira Igata is currently the Executive Director and Visiting Professor at the Center for Rule-making Strategies, Tama University. He is also a Senior Adjunct Fellow at Pacific Forum, a US-based thinktank. He advises the Japanese government, bureaucracy, and the private sector in various capacities.

He also runs the Japan Association for Cellular Agriculture, which was established in 2019 as a forum for industry-academia-government cooperation on rule-making in the area of cellular agriculture and cell-cultured food.

He received his undergraduate training at Georgetown University (one-year exchange program, Heiwa Nakajima Foundation scholar) and International Christian University (Chris-Wada scholar). He subsequently received his MA in political science from Columbia University (Japanese government fellowship scholar). He was awarded the Aoi Global Research Award to study at the Faculty of Asian and Middle Eastern Studies, Cambridge University in 2016. He was a recipient of the security studies fellowship from the Research Institute for Peace and Security (2010-2012)。

His research expertise includes: Economic statecraft; International Politics in the Indo-Pacific; Japanese security and foreign policies; and Japan-U.S. alliance.

Publications
Economic security
・Akira Igata and Brad Glosserman. “Japan’s New Economic Statecraft.” The Washington Quarterly. Vol. 44, Issue 3, 2021.
・井形彬「『先進民主主義国』の言論空間が見落としている『発展途上国』の対中認識-中国のエコノミック・ステイトクラフトを含む高圧的外交政策はどう受け止められているのか」『笹川平和財団 コロナ対応から考えるアジアと世界』2021年9月17日
・井形彬、吉富愛望アビガイル「培養肉と食料安全保障~台頭する細胞農業がもたらす経済安全保障上の可能性」『論座』2021年7月24日
・Akira Igata and Brad Glosserman. “Japan Is Indispensable Again: The Need for Economic Security Is Reviving Washington’s Alliance With Tokyo.” Foreign Affairs. July 15, 2021.
・井形彬「ハッキングされた上海公安部データ 垣間見えるデジタル・パノプティコン化する中国」『論座』2021年6月10日
・井形彬「日米同盟は『経済安全保障』の時代へ~菅・バイデン共同声明で鮮明に」『論座』2021年4月20日
・Akira Igata. “Economic Security and Japan’s Economic Statecraft.” Issues & Insights. Vol.21, SR1. April 2021: p.1-12.
・井形彬「『経済的国策』をめぐり激化する米中競争——エコノミック・ステイトクラフト(ES)にどう対処するか」『外交』、2019年3/4月号。
・Brad Glosserman、井形彬「『日本の安全保障政策』にかけている視点:『Economic statecraft』とは何か」『東洋経済Online』、2018年2月26日。
・Akira Igata. “Post-International Space Station project: Japan-US cooperation in outer space.” A New Era for Cooperation: Next Generation Views of the US-Japan Alliance. Issues & Insights, Vol.16, No.18. November 2016.
・井形彬「サイバーセキュリティ向上の鍵はクリアランス制度」『外交』、2017年9/10月号。
・井形彬「経済安全保障の時代~井形彬の目」『論座』連載中。
・井形彬「警鐘:経済安保」『金融ファクシミリ新聞』隔週連載中。

Japanese foreign and security policies
・Michael Green and Akira Igata. “The Gulf War and Japan’s National Security Identity.” In Yoichi Funabashi and Barak Kushner Eds. Examining Japan’s Lost Decades. New York: Routledge, 2015.
・井形彬「『国家安全保障戦略』の作成過程―第2次安倍政権下の3つの懇談会」『国際安全保障』第42巻第4号、2015年。
・Brad Glosserman and Akira Igata. “A pragmatic public: Observations of Japan’s 2016 Public Opinion Survey on Diplomacy.” PacNet #30, March 22, 2016.
・Akira Igata“Japan’s submarine bid is a first date, not a marriage proposal.” The Interpreter. April 13, 2016.
・Brad Glosserman and Akira Igata. “Japan’s Search for Plan C.” PacNet #70, October 22, 2018.

Others
・【翻訳】『思想戦:大日本帝国下のプロパガンダ政策』明石書店、2016年11月
・【共訳】『支配への競争:米中対立の構図とアジアの将来』日本評論社、2013年

Media
【Interviews】
「(経済安保 米中のはざまで)ウイグル問題で対立、日本の対応は」『朝日新聞』2021年5月23日
「『沈黙は黙認』方針を再考の時」『産経新聞』2021年2月24日
「H&Mとナイキ、中国で炎上。「ウイグル問題で制裁した報復ではないか」専門家が指摘」『ハフポスト』2021年3月25日
「“とりあえず中国を叩く”トランプ流はこう変わる。『人事』から読み解くバイデン政権の対・中国政策」『ハフポスト』2021年2月1日
「中国事業のメリットに疑問」『金融ファクシミリ新聞』2020年11月30日

【Comments】
「上海市当局、ウイグルで「監視リスト」日本人も895人」『朝日新聞』2021年6月9日
・「上海日系100社に中国共産党組織-『漏えい恐れ』指摘」『共同通信』2021年3月25日
・ Ju-min Park and John Geddie. “Japan state-funded hotel deal pays rent to Myanmar defence ministry.” Reuters. March 24, 2021.
「中国のウイグル弾圧「ジェノサイド」認定に日本はなぜ慎重なのか」『毎日新聞』2021年3月12日
「香港・ウイグルで弾圧 人権問題 日本外交の焦点 制裁法検討」『毎日新聞』2021年2月23日
「立法めざす議連、発足へ 外国の人権侵害に制裁」『朝日新聞』2021年2月7日
・「脱『中国依存』4割超 部品調達・供給網 周辺国へ分散-抜本的再編、選択肢に」『共同通信』2020年12月30日
“Chinese Communist Party present at many global companies, group says.” Nikkei Asia. December 30, 2020.
「『中国共産党員』200万人名簿、国際議連が各国と共有-上海の日系企業、5000人の社員記載」『日本経済新聞』2020年12月30日
“Japan eyes US-style law to sanction Uighur human rights abuses.” Nikkei Asia. November 12, 2020.
「中国ウイグル弾圧に制裁圧力 人権目配り、企業に迫る」『日本経済新聞』2020年11月6日
「<経済安保政策を追う>先端情報共有に『資格』-研究者らの秘密保持保証 政府・自民、中国警戒し制度議論」『日本経済新聞』2020年8月28日
“Japan’s deeper ties with Five Eyes hinge on how it keeps secrets.” Nikkei Asia. August 13, 2020.
「機密情報共有、英が秋波  『ファイブ・アイズ』協力探る-中国警戒 日本、保秘強化が不可欠」『日本経済新聞』2020年8月13日

【TV appearances】
“Companies criticize China’s alleged treatment of Uighur Muslims.” CBS News. April 16, 2021.
・≪アラブ語≫「ウイグル人少数民族の強制労働問題で、日本企業は中国の関係各社とのビジネス関係をボイコット」アルジャジーラ』2021年3月25日
・ミャンマーにおける人権侵害問題に対する国際社会の反応と日本の対応について。TOKYO MX「モーニングクロス」2021年3月17日

Teaching
Economic Statecraft I, Economic Statecraft II

 

 

×

×