INTRODUCTION

ロスチャイルド・アンド・コー・ジャパン株式会社グローバル・アドバイザリーのアナリスト。

イスラエル出身。早稲田大学と東京大学大学院にて原子核物理学・低温物理学を専攻。

新興産業育成のエコシステム形成の観点・ルール形成の観点で、ブロックチェーン技術に関わるベンチャー企業にて海外案件のプロジェクトマネジメントに従事、イスラエル国防軍のSAR-ELログラムに参加、多摩大学大学院にてルール形成戦略コースを修了。また、日本のソフトパワー研究として、伝統産業をテクノロジー活用で育成する会社への参画を経験。

現在は、外資系グローバルM&Aアドバイザリーのアナリストとして越境M&Aと経済安保の観点から日本の国際的アドバンテージを高めるべく探究と実践に取り組んでいる。その傍ら、日本の食産業の育成や、食料自給率向上という安全保障の側面から、培養肉のルール形成を行う細胞農業研究会の運営に参画している。

CRS細胞農業研究会事務局広報委員長として、培養肉・植物性タンパク質業界ニュースレターを配信中。ニュースレター では、 細胞農業の主な議題である培養肉を取り巻く国内外の資金調達 ・ビジネス環境・規制・消費者コミュニケーション等を中心に、培養肉業界に影響を与える代替タンパク質業界の動きも合わせて配信してます 。

×

×