INTRODUCTION

復興庁原子力災害復興班(環境担当)。

慶應義塾大学法学部卒業(学士(法学))、東京大学大学院公共政策学教育部修了(修士(公共政策))後、環境省入省。環境省では、海洋プラスチック問題に対する政策等を担当。内閣官房日本経済再生総合事務局を経て、現職。

専門は国際関係、環境問題に関するグローバルガバナンス。

【寄稿・論文】
Conditions for Selecting International Environmental Regimes : The U.S. and the G20 regime on Marine Plastic Litter, 国際公共政策研究第25巻1号(2020年)
「海洋プラスチックゴミ対する我が国の取組と「プラスチック・スマート」」 環境情報誌「EMATEC」№64 (2019年)

×

×