本日の読売新聞朝刊に当研究所 國分俊史所長のコメントが掲載されました。

記事タイトル「ルールを制する者がビジネスを制する」
(6ページ:国際経済面に掲載)

國分所長は、人工知能やIoTによる新たな産業革命は「イノベーションとルール形成が同時進行しながら進む」とコメント、「よいモノを作れば売れる」ではなく、「何をもってよいモノとするのか」というルール形成がビジネスを大きく左右する点を指摘しています。

なお、記事中には当研究所の副所長でもあるデロイト トーマツ コンサルティングの羽生田慶介執行役員、また客員教授でもある経済産業研究所の藤井敏彦コンサルティングフェローのコメントもそれぞれ掲載されています。

×

×