多摩大学ルール形成戦略研究所は、このたびハームリダクションライフスタイル(以下、HRL)をテーマとしたシンポジウムを開催いたします。本シンポジウムでは、昨年、自民党ルール形成戦略議員連盟(会長:甘利明衆議院議員)の中に創設した「HRL政策研究会(ハームリダクションライフスタイルのルール形成に向けた研究会)」における民間企業・団体との議論の内容をご紹介いたします。

詳細は、こちらのPDFからもご覧いただけます。

【日時】
令和3年4月12日(月)14:00~16:30(13:30受付開始)

【会場】
麻生市民館 大ホール(川崎市麻生区万福寺1-5-2)[小田急線 新百合ヶ丘駅北口すぐ]

【参加方法】
会場へ直接お越しいただくか、または、以下のURLからオンラインでご視聴いただけます。
https://youtu.be/Afll9fFXQ90

【発表内容】
健康産業の振興に向けた国際ルール形成に関する取り組みと課題

【発表者(予定)】
自民党ルール形成戦略議員連盟 甘利明 会長、中山展宏 事務局長
多摩大学ルール形成戦略研究所 所長 國分俊史
江崎グリコ(株)、パナソニック(株)アプライアンス社、(株)日本疾病予測研究所、
味の素(株)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(合)、日本航空(株)、
(株)クォンタムオペレーション

【概要】
HRLとは、不安のない健康長寿社会をつくり出すために、健康被害を軽減可能なプロダクトの選択量を増やし、生活習慣病などの健康被害のリスクを無理なく少なくする新たな生活様式のことです。
HRL政策研究会では、HRLの促進や浸透を図るための健康産業を振興するための国際ルール化に関わる議論を民間企業・団体とともに進めてきました。当日は、研究会に参加する民間企業・団体からの発表も交えながら、本研究会における議論をご紹介することで、HRLを推進していく政策として具体化するための取り組みや課題をご紹介いたします。

×

×