INTRODUCTION

多摩大学ルール形成戦略研究所 客員研究員、フリーランスロビイスト。

2012年慶應義塾大学法学部法律学科卒業(法学士)、 2016年東京大学大学院法学政治学研究科法曹養成専攻修了(法務博士/J.D.)。
2016年経済産業省入省、 2018年退職。

国家公務員として奉職中に、国民の皆様からの𠮟咤激励をうけ続け、また過激なデモに巻き込まれた経験から、官僚と政治家の働き方・存在意義・民意の反映に思い悩む。

退職後はベンチャー企業の公共政策部立ち上げに参画し、同時に国会議員インターンシップを経験。 現在もフリーランスとして知見を広げている。

将来の夢は、国民の皆様が変化を求めて声を上げようと思った時に、「いつ誰にどのように意見を提出すれば最も効率的なのか」調べられる教科書をつくること。 デモの前に、教科書を読んだり有識者に聞いてみようと考えられる、知見の土壌づくりをすること。

×

×