多摩大学 ルール形成戦略研究所(所長 國分俊史)は、2020年1月24日付で「細胞農業研究会」を創設しました。
本研究会は、世界人口の増大・食料安全保障という論点を含めて、幅広く有識者の方々にお集まり頂き議論をする場とすべく、以下のような活動を行って参ります。

① 細胞農業、細胞農業製品の定義の構築
② 日本の細胞農業製品や技術が国際競争力を持つための条件の明確化
③ 医薬品、食品、素材等、細胞農業製品のステークホルダーの明確化
④ 消費者が細胞農業に対して適切な判断をするための材料の明確化
⑤ 細胞培養肉の食品として製造時の安全性、販売時の表示の在り方
⑥ 既存産業との共存の仕組みと役割分担の明確化
⑦ 日本の政治家や省庁に対して有効なアドボカシーアプローチの特定
⑧ その他必要と認められる活動

本研究会は、座長を当研究所の國分所長が、事務局長を福田客員教授が務めます。

設立趣意書と参画者名簿は、左のリンク(モバイルの方は画面下部)からダウンロードできます。

*画像の培養ハムは、東京女子医科大学と早稲田大学の共同研究。

×

×