日本にとっての「ルールメイキング戦略」の必要性を政産官学の多面的な視点から体系化した書籍、「世界市場で勝つルールメイキング戦略 技術で勝る日本企業がなぜ負けるのか」が朝日新聞出版より刊行されました。

本書は、本研究所の客員教授陣が共同執筆したものです。各執筆者が、政産官学のそれぞれの立場での深い専門性に基づき、日本企業がルールをつくる側に思考を転じ、グローバル競争においてルールメイキング戦略(=ルール形成戦略)を能動的に構想し、実践していくための視座を提示しています。

■本書概要:
編著者: 國分俊史、福田峰之、角南篤

■構成:
【第1章】なぜ今、ルールメイキング戦略なのか?(國分 俊史)
【第2章】ルールで市場を囲い込む欧米、取り残される日本(藤井 敏彦)
【第3章】企業経営における標準化とルールメイキング戦略(市川 芳明)
【第4章】経営戦略としてのルールメイキング戦略の方法論(羽生田 慶介)
【第5章】社会課題を成長機会に転じるルールメイキング戦略(國分 俊史)
【第6章】安全保障経済政策とグローバルルールメイキング(福田 峰之、國分 俊史、河本 孝志)
【第7章】科学技術外交と国際ルールメイキング(角南 篤)
【第8章】日本の政治家が世界でルールメイキング力を高めるために必要な施策(福田 峰之)
【第9章】ルールメイキング能力を担う「イノベーターシップ」(徳岡 晃一郎)
【第10章】ルールメイキング戦略を組織的に推進する「コーポレート・アフェアーズ」機能(金山 亮)

朝日新聞出版 『世界市場で勝つルールメイキング戦略 技術で勝る日本企業がなぜ負けるのか』

amazon 『世界市場で勝つルールメイキング戦略 技術で勝る日本企業がなぜ負けるのか』

×

×